ベストケンコーの梱包はどうなのか?

誰しも年齢を重ねると、身体に悪い部分が出て来るものです。
私の場合は数年前に白内障の症状が現れる様になりました。
一時はかなり視界の悪さを感じる様になったのですが、現在はベストケンコーで購入している白内障専用の目薬のおかげで、少しずつクリアな視界を取り戻す事が出来ています。
私が白内障の症状を感じる様になったのは50歳を過ぎた頃の事です。
初めは視界が心無しか狭くなった様な気がする程度でした。
しかし、50代後半に差し掛かる頃には、明るい所での視界がぼんやりと白く濁って見える様になっていたのです。
このままでは失明するのではないかと思った私が眼科に相談に行くと、医師からは手術を勧められました。
しかし、私が手術を受けるのに抵抗があったので、手術を断って帰宅したのです。
私は手術の他に白内障の進行を遅らせたり、回復させたり出来る方法は無いのだろうかと、インターネットで色々と白内障について検索してみました。
その中で知ったのがNアセチルカルノシンという成分を持つ点眼薬の存在です。
この点眼薬は日本では販売されていないのですが、白内障の症状を改善させる効果があるそうです。
症状の進行を遅らせるだけでなく、症状を改善出来るという点に私は強く惹かれました。
そして更に情報を収集する内に、そのNアセチルカルノシンを主成分とするシーナックという点眼薬が購入出来る、ベストケンコーという個人輸入代行業者を知る事が出来たのです。
シーナックは、同じくNアセチルカルノシンを主成分とするキャンCという点眼薬のジェネリック版です。
主成分の量は同じながら、まとめ買いをする事でキャンCの3分の1の値段で購入出来る様でした。
白内障用の点眼薬は継続して使う必要がある様なので、安い価格で購入出来る事はありがたいな、と感じました。
ただ、そんなに安い製品で本当に大丈夫かな、と感じたのも正直な所です。
そこで、私はこのベストケンコーというサイトをもう少し詳しく知った上で、シーナックの購入を検討しようと考えました。
この個人輸入代行業者では、ウェブサイトに業者の詳しい紹介が載せられています。
その紹介によると、このベストケンコーの取り扱う医薬品は全てアメリカのFDAの承認を受けた安全性の高い商品であるという事でした。
また、配送元のシンガポールでは薬剤師が商品の成分鑑定や管理をしっかりと行っており、より高い安全性を実現している様です。
日本では認可されていない医薬品でも、世界的な機関の承認と手厚い安全対策が施されているなら安心して使えそうだと、私は思いました。
そこで早速シーナックを購入してみる事にしたのです。
私はシーナック3箱を6,380円で購入しました。
商品は書留国際郵便で発想され、10日後に我が家に配達されました。
さて、実際にシーナックを使ってみて、すぐに白内障の改善効果は感じられませんでした。
ですが、長く使う内に昼間でも以前ほど視界の悪さを感じなくなったのです。
この薬なら、本当に白内障を克服出来るかもしれないと感じた私は、現在もシーナックの使用を続けています。
また、シーナックに出会わせてくれたベストケンコーには感謝しています。