ベストケンコーの概要について

一方、後者の一般用医薬品は更に第1類医薬品・第2医薬品・第3医薬品と分けられており、いままでは、ドラッグストアの店舗に赴き必要な薬を購入する事が出来ました。
しかし対面販売していないという事を理由に、インターネット通販では第1類医薬品と第2医薬品に該当する薬を販売出来ないという法律になっていたのです。
ですから、インターネットを利用して薬の販売を行う企業らが訴えを起こし、最高裁まで国側と争いました。

結論としては、判決はインターネット事業者側の勝訴となり、これらの規制は改正され施行が6月から待たれる所となっています。
ところで、ベストケンコーは医薬品の個人輸入代行業者ですが、「日本で許可されていない海外の薬を個人で輸入して使用するのは違法ではないのか」という疑問を持つ人がいるのですが、ベストケンコーも日本の法律を順守した上で営業をしています。
これが何の許可も得ずに個人で大量に日本では発売されていない、あるいはこれから発売される予定の薬で厚生労働省の認可が下りていない薬を、個人でインタネットオークションで転売したり、友人・知人に販売したりしない限り違法性はありません。

仮に個人レベルで大量に海外の医薬品を注文出来たとしても、税関で止められてしまう事でしょう。
一度に注文出来る量は決まっていて、具体的には医薬品であれば2ヶ月以内分まで・ビタミン剤等の倍は4ヶ月以内まで、医師の処方箋が必要な医薬品等は1ヶ月以内とされています。
ただし、ベストケンコーのWEBサイトにアクセスし認証する場面でも表示される事ですが、薬により影響等は医師で無ければ分からない為に、医師の指示に従って使用する事が望まれているのです。

この個人輸入代行業者を利用する人は、遅すぎる厚生労働省の対応に辟易をして、自分で行動を起こして既に世界レベルでのデファクトスタンダードとなっている実績を持つ医薬品を購入し治療に挑んでいる人もいるでしょう。
あるいは病気によっては人に見られたり、あるいは知られたりするのは恥ずかしいという理由で利用している人も多いかも知れません。

今やインターネットを誰もが使用出来る時代であり、ネット通販をした経験があれば特別に難しい事はないので、ベストケンコーのWEBサイトを覗けば様々な病気に対するバリエーションの薬が用意されている事がわかるでしょう。
それでは幾つかの薬を紹介してみますと、バイアグラをはじめとする勃起不全治療薬といわれる薬や育毛効果のある薬があります。

また、メンタルな病気の治療薬として抗鬱剤・不眠症薬等もありますし、最近は禁煙をするための薬も販売していますので利用してみる価値はあるのではないでしょうか。
bestkenko7