メーカー純正の商品

日本は医療制度が大変発達した国です。
国民皆保険制度が整っており、わずかな負担で高度な医療を受ける事が出来ます。
もし、この様な高度な健康保険制度が整っていなかったら、大変高額な医療費を支払わなければならない事になるでしょう。
世界にはこうした日本の様な医療制度の整った国もあれば、医薬品が必要でも入手する事が困難な人々が暮らす国も存在しています。
また、日本では購入出来ない様な、安価なジェネリック医薬品が流通している国も存在します。
世界各国で医薬品や医療に関する事情は大きく違っているのです。
さて、ベストケンコーの様な個人輸入代行業者の取扱商品を通じて、こうした世界の医薬品事情を学ぶ事が出来るのをご存知でしょうか。
こうした個人輸入代行業者では、日本では販売されていない海外の医薬品が数多く販売されています。
そうした医薬品の製造メーカーなどを知る事によって、世界の医薬品事情が見えて来るのです。
例えば、ベストケンコーの人気商品であるED治療薬やAGA治療薬などは、日本では医師の処方箋が必要な医薬品であり、新薬しか入手する事が出来ません。
しかしベストケンコーなら、こうした医薬品も個人的に購入する事が出来ますし、海外に流通しているジェネリック版も入手する事が出来ます。
ED治療薬のジェネリック版に関しては、インドのシプラ社やアジャンタファーマー社などの開発する製品が人気があります。
こうしたインドの製薬会社などは日本ではあまり知られていませんが、ジェネリック医薬品の開発販売では世界的な規模を持つ大企業です。
中でもシプラ社は16,000人以上の雇用を抱えており、2013年のインドの企業ランキングで23位にランクインしています。
シプラ社は抗HIV薬のジェネリック医薬品を格安で貧困国に提供した事で、世界的な注目を浴びました。
また、シプラ社では抗HIV薬の他に抗がん剤や糖尿病薬、動物用の医薬品も製造しています。
その製品の多くはジェネリック医薬品なのですが、その製造をめぐっては新薬の製造メーカーから批判を浴びたり、時には訴訟を起こされる場合もある様です。
インドでは、2005年の薬事法改正までは医薬品の成分特許を定める法律が無かった為、他国に先駆けてジェネリック医薬品を製造する事が可能でした。
こうした事情を背景にシプラ社もジェネリック医薬品を開発して来たため、新薬の開発メーカーから非難を浴びる事があるのです。
ただ、新薬の開発元の思惑とは裏腹に、シプラのジェネリック医薬品は貧困国の方々に喜ばれ続けています。
これは、シプラ社の製品が安価なだけでなく、確かな効果を持っている事を物語っていると言えるでしょう。
さて、ベストケンコーではシプラ社の他に、サンファーマーやランバクシーなどのインドの製薬会社のジェネリック医薬品を取り扱っています。
また、バイエルやファイザーといった新薬の開発で有名なメーカーの製品や、武田薬品などの日本のメーカーの医薬品も取扱っていて、世界中の医薬品を購入する事が出来ます。
ベストケンコーの取扱商品をチェックするだけで、世界中の製薬会社※を知る事が出来ますし、その製薬会社を通じて世界の医薬品事情を知る事も出来るのです。